(有)橋谷測量

手続きの主な提出場所


法務局           ・・・会社設立登記申請
公証人役場        ・・・定款の認証をもらう
社会保険事務所     ・・・開業後に健康保険、厚生年金の申請
税務署           ・・・開業後に申請
市町村役場        ・・・開業後に法人市町村民税の申請
ハローワーク       ・・・雇用した場合、雇用保険の申請
労働基準監督署     ・・・雇用した場合、労災の申請
国土地理院        ・・・測量士の証明をもらう(郵送)
地方整備局        ・・・測量業を行うための申請(郵送)
市町村役場(建設課等) ・・・指名願いの申請


●実際に国土地理院、地方整備局以外は足を運んで提出しにいかなければなりません。
●これ以外にまず事務所の準備をしておかないと登記すらできないので注意してください。


手続きの主な流れ


●事務所を決める
●会社名を決める
●法務局で会社名の調査
●会社印の作成
●市町村役場で取締役の印鑑証明をもらう
●定款を作成
●公証人役場で定款の認証をもらう
●銀行に資本金振込
●登記申請書類作成
●法務局へ登記申請
●登記完了後法務局で会社の謄本、印鑑証明をもらう
●銀行で口座を開設
●国土地理院で測量士の証明をもらう
●社会保険事務所で健康保険、厚生年金、標準報酬決定通知書の手続き
●税務署で法人設立届出書を作成、提出
●市町村役場で法人設立届出書を作成、提出
●社会保険事務所で標準決定通知書をもらう
●測量業者登録申請作成
●地方整備局に測量業者登録申請を提出
●税務署に第1期決算報告
●法人税の納税
●税務署で納税証明書をもらう(財務に関する報告書、指名願いに必要)
●法人住民税を納税
●財務に関する報告書を作成
●地方整備局に財務に関する報告書を提出
●地方整備局に測量業者登録証明を請求(指名願いに必要)
●指名願い作成
●市町村役場に指名願い提出


※この他に社会保険事務所は度々提出書類が発生します。


地方整備局への提出書類


●余談ですが測量業を行う者は余分に地方整備局に提出する書類が発生します。初めての方は非常にわかりにくいので簡単にまとめました。


○測量業者新規登録申請  ・・・第1回目の提出書類です。登録免許税90,000円必要
○測量業者更新登録申請  ・・・5年に1度更新します。登録免許税16,300円必要
○測量業者変更申請     ・・・定款の変更があった場合提出
○財務に関する報告書    ・・・毎年決算日より3ヶ月内に提出
○登録証明願          ・・・指名願いを出すのに必要です
○測量業者廃業申請     ・・・測量業を廃業後30日以内に提出


※申請書類の作成は面倒です。当社でエクセル書式を置いてます。よかったら「申請書類」をご利用ください。


新会社法施行 



本年度より会社法なるものが施行され株式会社と有限会社が統合されます。
最低資本金制度が撤廃され、取締役の人数も規制がなくなり株式会社の設立が容易になります。
現在個人で測量業をされている方は法人にすることをおすすめします。
また現在の有限会社も手続き(登記を変更)をすれば株式会社となります。これを機会に株式会社に変更しようと
思います。(特に意味はないですけど)
これからたぶん司法書士さんの仕事が増えることでしょうが、それに反して自分で手続きをし、
紹介できたらと思います。


この後も追加更新していきます・・